忍者ブログ
占い
[8]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「四柱推命」(しちゅうすいめい)とは、今から1500年前に作られた中国がルーツとなる占いで、その占術の難解さと的中率の高さから古代中国では「帝王の運命学」と呼ばれ、政治や戦争などの重要な判断が必要なときにこの占いが使用されていました。

的中率が高い理由は、その人が生まれた「年」「月」「日」「時刻」の「四柱」を複合的に組み合わせて結果を導き出すからです。

このため、同じ運命をもつ人は50万人にひとりといわれています。

このように、高い的中率と細密さを誇る四柱推命ですが、その根元は陰陽五行(いんようごぎょう)の基本思想にあります。

陰陽(いんよう)とは、「この世のすべてのものは、陰と陽に分けることができる」という思想です。この宇宙に存在する全ては、互いに相反する「陰」と「陽」という性質をもち、それぞれが影響をおよぼしているという考えのことです。

五行(ごぎょう)とは、この世に存在するものはすべて、「五行」のいずれかに当てはまるという考えで、「木・火・土・金・水」の5つを指します。万物は、この5つによって構成され影響し合っていて「木は燃えて火を生み、火は燃え尽きて土を生み、土は凝って金を生み、金は冷えて水を生み、水は木を育てる」というお互いに助け合う関係と、それとは反対に「木は土の養分を吸収し、土は水を吸い取り、水は火を消し、火は金を溶かし、金は木を切り倒す」という関係の、大きくふたつに分類されます。このように、互いに助け合う、または消耗し合う関係をもちながら万物は存在する、というのを「五行思想」といいます。

四柱推命の的中率は東洋占術の中でも最高のものとされています。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント
[06/16 kenshohiro]
[10/05 エステリア]
[09/13 wing]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]