忍者ブログ
占い
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

四柱推命占いは、中国3000年の歴史が生んだ統計学です。

関西では、自分にあった四柱推命の占い師を見つける事がステイタスとされているそうです。

日常のささいな事から人生の岐路に立った時まで、多くの場面を四柱推命占いの占い師とともに歩むのです。
そんな現状ですから、今まさに大阪をはじめとする関西では四柱推命の占い師の数が足りず、多くの四柱推命の占いの館で占い師を募集している広告を目にします。

ところで、最近の女性の人気職業に「占い師」がランクインしていると聞きました。

占ってもらうばかりで、実際占い師って霊感を持った特別な人というイメージがあります。

もちろん本当に霊感をもっていて霊力によって素晴らしい鑑定結果をだす占い師もいますが、感覚に左右されない統計に基づく正統派的な占い師や、中にはとんだペテン師もいます。

占いはレベルの幅の広い世界だといえるでしょう。

四柱推命占いの為の手法や道具などは、一体どこで学んだのか、実際問題について考えてみたら気になっちゃいますよね?

神社の巫女さんだって職業安定所で募集しているんですから、占い師だって普通の人でもなれそうな気がしますよね^^;

基本的に占い師の会社などはないので、ほとんどの占い師はフリーで駅前や街頭の隅で小さな店(テーブルとか?)を構えて占いを行っています。

四柱推命占いなどの占いは、日陰の人目につかない場所のほうがお客さんが来やすいので、占いをする場所にこだわる必要はないようです。

最近では、電話占いやネット、チャット占いなどが流行っており、商売する場所は選ばないようです。

また、占い師の働き方も多様化しています。

占い師になるには、もともと霊感があって人の運勢が見える人に勉強の必要はないですが、霊感のない人が四柱推命の占い師になるのなら、やはりある程度の勉強が必要なようです。

四柱推命の占い師は誰でもなれるので、四柱推命の占い師に絶対なる!と努力を惜しまない人は占い師に向いているでしょう。

ですが当然、人の人生を左右する職業ですから、正常な倫理観は必要です。

 

PR

 

四柱推命占いは中国の長い歴史の中で生まれた、未来を切り開くための先人の知恵ともいえる占い法です。

人の未来は決して明るいものばかりではありません。

「人生山あり谷あり」とよくいいますが、いい思いばかりで苦しさを知らない人は人間としての厚みが足りないのではないでしょうか。

苦しみを知れば人の痛みがわかるようになり、思いやりの心を持つ事ができるようになります。

その為に四柱推命の占いで、未来を切り開く為の知恵を授けてもらうというのはとてもナイスだと思うのです。

四柱推命占いと組み合わせる事で、さらにバツグンの鑑定結果を得られるものがあります。

「奇門遁甲」と呼ばれるもので、古代中国では戦いに勝利する為の戦術に使われていたまさに秘術といわれるものです。

「中国」とか「秘術」と聞くと、とてつもないパワーを持つもののようなイメージがありますね。

決してイメージ倒れではないだけの結果がはじき出されるものですので、機会があれば鑑定士さんに鑑定をお願いしてみると良いかと思います。

「奇門遁甲」は方角の吉凶を見る為の占いなのだそうです。

占いをする年や月、日にち、時間をそれぞれ表す盤を用いて方位の吉凶をみていきます。

それによって恋愛や結婚などの縁に関係するもの、結婚後であれば妊娠、出産といった子宝に関係するもの、学生さんであれば就職や試験といった事に関係するもの、会社を経営する方であればその事業にまつわる取引や金銭などにまつわる事業の発展に関係するもの、その他にも旅行であったり転居であったり交渉事であったりと様々な物事が有利に展開するにはどの方角が吉であり、逆に凶なのかを探していくのです。

四柱推命に奇門遁甲で、まさに「鬼に金棒」の鑑定結果が得られるかもしれません。

 

 

最新コメント
[06/16 kenshohiro]
[10/05 エステリア]
[09/13 wing]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]